【キングダム】秦の歴史年表!史実と作中の出来事を一覧で解説!

漫画【キングダム】の出来事と、史実の出来事を年表にまとめました!

昭王の即位~秦の滅亡までです。

年号 史実のできごと 詳細・作中のできごと
BC306年 昭王即位 政の曽祖父・昭王が秦王に即位。作中では「六大将軍」制度を作り、数々の戦に勝利したことによって、「戦神」と称された。
BC295年 楽毅[がくき]が燕の将軍になる 燕王が人材を求めていると知り、魏から燕に移住する。同じ時期に劇辛も趙から燕に仕官していた。
BC284年 斉と合従軍の戦い 燕・魏・趙・秦の合従軍が斉を攻撃。燕側の総大将は楽毅。斉は70数個の城を落とされ、滅亡寸前まで追い込まれたが、楽毅の活躍で存亡の危機を脱した。
BC269年 閼与[あつよ]の戦い 六大将軍・胡傷が率いる秦軍と三大天・趙奢の趙軍が交戦。戦いは趙軍の勝利で終わった。
BC260年 長平の戦い 趙と秦の戦い。「六大将軍」白起率いる秦軍が、「三大天」趙奢の子である趙括を破り、趙兵40万人が生き埋めにされた。「キングダム」作中に登場する万極は、この戦いの生き残りとされている。なお、作中では王騎がこの戦いに従軍しているが、史実では王齕が出撃している。
BC259年 嬴政[えいせい](後の始皇帝)誕生 趙の都・邯鄲で政が誕生。父は昭王の孫・子楚(後の荘襄王)。母は呂不韋の元愛人・趙姫(作中の太后)という説もある。
BC258年 邯鄲[かんたん]包囲戦 王齕率いる秦軍が、趙の首都・邯鄲を包囲。魏と楚が趙の救援に参戦したために、秦軍が敗北。このときの楚の参戦を決定したのは戦国四君・春申君。当時簡単には子楚と趙姫、政がいた。子楚は呂不韋の手引きで脱出するが、趙姫と政は取り残されてしまう。
BC252年 呂不韋、丞相に就任 子楚を助けた功績により、秦の丞相となる。同時に「文信侯」と号し、領地も与えられた。
BC251年 昭王死去 息子の孝文王が王位を継ぎ、子楚が皇太子となる。作中では、昭王が王騎に遺言を残したとされている。
BC250年 荘襄王[そうじょうおう]即位 孝文王が死去。子楚が荘襄王として即位。政は皇太子となり、趙の都、邯鄲から送り返される。作中では闇商人・紫夏の助けで脱出している。
BC246年 政(始皇帝)即位 荘襄王が死去し、息子の政が13歳で即位。実権は丞相・呂不韋に握られていた。
BC245年 廉頗[れんぱ]が趙から出奔する 廉頗が将軍職を罷免され、魏に亡命する。作中では、このころ王弟の成蟜が反乱を起こしている。
BC244年 王騎[おうき]死去 最後の六大将軍・王騎が死去。作中では李牧の率いる趙軍に追い詰められ、龐煖との一騎打ちで戦死している。
BC243年 趙と燕の戦い 劇辛率いる燕軍と龐煖の趙軍が戦い、趙が勝利。作中では龐煖が燕の大将軍・劇辛を直接殺害している。
BC242年 秦が東郡[とうぐん]を設置 蒙驁が魏との戦いに勝利。東郡が設置される。作中では魏に亡命していた廉頗が魏軍を指揮していた。
BC241年 函谷関[かんこくかん]の戦い 趙・楚・魏・燕・韓の合従軍が秦を攻撃。史実では合従軍の最高司令官は龐煖。作中では楚の春申君が総大将、趙の李牧が実質的な指揮官になっている。
BC240年 蒙驁[もうごう]死去 「キングダム」では孫の蒙恬とその戦友・信に、王賁と3人で大将軍を目指せと言い残していた。
成蟜[せいきょう]の反乱 作中では呂不韋に陥れられたことになっている。なお「史記」には「将軍壁死」という記述があり、信の友人である壁が死ぬのではないかと思われたが、彼は生き延びた。
秦と燕が同盟を結ぶ 蔡沢が燕との同盟を結ぶことに成功した。燕は人質として王太子・丹を秦に送った。
BC238年 嫪毐[ろうあい]の反乱 太后・趙姫の愛人となり、権力を握った嫪毐が反乱を起こす。史実では彼と太后の間にできた子どもたちも処刑された。
春申君[しゅんしんくん]暗殺 最後の「戦国四君」・春申君が暗殺されている。作中では彼を暗殺した李園が宰相の地位を継いでいるが、そのような史実はない。
BC236年 龐煖[ほうけん]最後の活躍 龐煖が再び燕を攻める。その隙を突いて、秦の王翦・楊端和・桓騎の軍が趙を攻撃。これ以降、龐煖の名前は史書の中に登場しない。
呂不韋自害 政から流罪を言い渡され、処刑が近いと感じたためか、服毒自殺した。
BC234年 李牧が大将軍に復帰 辺境に左遷されていた李牧が大将軍に復帰した。
BC233年 李牧、桓騎の進軍を撃退 桓騎の率いる秦軍が、李牧の趙軍に敗北した。桓騎は処罰を恐れて燕に亡命した。名前を樊於期と改めたいう説があるが、作中ではこの二人は別人となっている。
BC230年 韓の滅亡 大将軍・謄の指揮する秦軍の攻撃で首都が陥落。韓王は捕虜となり、六国の中で最初に滅んだ。
BC229年 李牧処刑 秦の離間策によって、大将軍を罷免された李牧。その直後に趙王の命令で処刑されたという。
秦の太后が死去 嫪毐の死後、太后が政からどのような扱いを受けていたのかは不明である。
BC228年 趙の滅亡 王翦・楊端和・羌瘣の攻撃によって滅びる。作中で将軍を目指すと宣言していた羌瘣だが、この時期にはすでに将軍になっていたようである。
趙の残党が「代」を建国 逃亡した趙の太子が代王を名乗る。
楚の幽王[ゆうおう]が死去 幽王は李園の妹の子。作中では前王に他の子はいないことになっているが、史実では弟の哀王が即位。しかし、彼は即位後間もなく殺され、庶兄の負芻が王となる。
BC227年 始皇帝暗殺未遂事件 燕の刺客・荊軻による始皇帝暗殺未遂事件。なお、荊軻は秦から燕に亡命した樊於期の首を手土産にし、皇帝に謁見したという。
BC226年 秦が燕の太子を

討つ

王翦・王賁親子が燕の首都を落とし、燕は事実上滅亡した。(燕王は脱出し、亡命政権を樹立した。)なお、燕の太子・丹を李信が討ったという記述が残っており、信はこの手柄で将軍になった可能性が高い。
昌文君死去 作中で始皇帝・政の側近として描かれる昌文君が、この年に亡くなっている。
BC225年 魏の滅亡 王賁の攻撃で魏が滅ぶ。
BC224年 李信が楚の項燕に敗れる 李信、蒙恬が20万の兵力で楚を攻めるが、楚の大将軍・項燕の前に敗れる。
BC223年 楚の滅亡 王翦・蒙武が60万の兵力を率いて楚を攻め、滅亡させる。
昌平君の反乱 楚の皇族の血を引く昌平君が楚王を名乗り、大将軍・項燕と協力して反乱を起こすが、王翦・蒙武に討たれる。このとき戦死した項燕の孫が、のちに秦を滅ぼす項羽である。
燕の滅亡 王賁が逃亡していた燕王を討ち、燕が完全に滅亡する。
代の滅亡 王賁が代国(趙の残党)を滅ぼす。
BC221年 斉の滅亡、

秦が中華を統一

李信・蒙恬・王賁の3将軍の攻撃で斉が滅ぶ。

これによって秦が中華を統一した。

BC215年 万里の長城の建設開始 蒙恬が匈奴を攻め、北方に追いやる。また彼は政の命令で万里の長城の建設に着手した。
BC213年 「焚書」[ふんしょ]が行われる 始皇帝の命令により、医学・占い・農業以外の書物が焼かれた。李斯の進言を受け入れたもの。
BC212年 「坑儒」[こうじゅ]が行われる 始皇帝に反対した460人の儒学者が生き埋めにされた。しかし、すべての儒学者が弾圧されたわけではなく、秦に仕え続けた者たちもいた。
BC210年 始皇帝・政が死去 始皇帝が旅の途中で死去。側近の李斯と趙高が権力を握るために遺言書を改竄し、後継者の扶蘇を自殺させ、無能な胡亥を帝位につけた。
蒙恬自害 二世皇帝・胡亥の命令により、蒙恬が自害する。弟の蒙毅も殺され、蒙一族は滅亡した。
BC208年 李斯[りし]処刑 趙高と仲間割れを起こし、趙高に殺された。
趙残党の反 王離将軍が鎮圧に向かう。彼は王賁の息子で、王翦の孫にあたる。
BC207年 王離[おうり]将軍、項羽に敗れる 趙残党の救援にやってきた項羽に敗れ、王離は捕虜となる。その後の消息は不明である。
二世皇帝・胡亥[こがい]暗殺  趙高が反乱を起こした劉邦に協力されているという噂が流れる。処刑を恐れた趙高は、逆に皇帝を暗殺した。
趙高[ちょうこう]処刑 秦の王族・子嬰により、趙高とその一族が処刑された。
最後の秦王・子嬰[しえい]が即位 各地で反乱が起き、秦の力は弱まったため、彼は皇帝=中華の統一者とはみなされていない。
BC206年 秦の滅亡 子嬰が劉邦に降伏し、秦は滅亡。その後、その項燕の孫・項羽によって王族は皆殺しにされ、首都・咸陽は焼き尽くされた。中華統一からわずか15年後のことだった。

今は秦の滅亡までの年表ですが、項羽と劉邦の戦い~漢の成立までも年表に追加したいと思います!

スポンサーリンク
336×280




336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280