新撰組の生き残りはその後どうなった?

新撰組の隊士で、明治維新以降も生き残った人は、何人もいます。

しかし、新撰組と敵対した薩長を中心とする明治新政府の下では、名を変えたりして世をはばかって生きなければなりませんでした。

では有名な隊員別にその後を追いかけてみましょう。改名後の名前も紹介します。

永倉新八 →杉村義衛

新撰組結成当時からのメンバーだった永倉新八。新選組二番組長として活躍し、あの沖田総司より剣の腕は上だったといいます。

彼は局長の近藤勇と訣別してから、会津方面に転戦したのち、江戸へ逃げ帰りました。

しばらくは身分を隠して生きていたが、のちに杉村家の養子となり杉村義衛と名乗りました。

明治七年に、太政官から官軍に抵抗した戦没者の赦免の布告が出ると、新撰組も少しずつ復権します。

永倉は、北海道で剣道師範をしたのち、新撰組の記録を残したり、慰霊碑を建てたりしています。

1915年(大正四)77歳の天寿を全うしているので、生き残りとしては恵まれた晩年を過ごしたといえるでしょう。

斎藤一 →藤田五郎

新撰組から分離した高台寺党へスパイとして潜入したといわれる斎藤一は、鳥羽伏見の戦争 後、会津へ走り、山口次郎と名乗って戦ったが敗れ、斗南(青森県下北半島)に移住し苦しい生活を送りました。

のちに藤田五郎と改名して警視庁に勤務します。

退職後は東京教育博物館の看守となり、大正四年、73歳まで生きました。

原田左之助

また、天然理心流の試衛館道場時代から、近藤勇、土方歳三らと同志だった原田左之助は永倉とともに近藤と訣別して、いったんは会津へ向かいました。

だが、途中で江戸へ引き返し、彰義隊に入隊します。その後、上野戦争で戦死したとされていますが、その一方で上野戦争では運よく生き延びて中国に渡り、馬賊の頭目となったという話も伝わっています。

そして、少々できすぎた話ですが、日清、日露戦争では、日本を後方から支援したといいます。

似たような話で、源義経は実は死んでおらず、生き延びてモンゴルにわたりチンギスハンとして活躍したという話がありますね。原田左之助も源義経も人気が高く、彼のファンがそう伝説を作ったのかもしれません。

最後に

このほかにも、新撰組の生き残りはいましたが、 戦前の皇国史観の時代には、新撰組はあくまで 勤皇の志士を弾圧した悪党一味として見られていました。

いまのように、隊員の墓に花やお供え物が絶えなくなるのは、戦後、新撰組を主人公にした小説が売れ始めて以来のことなのです。

スポンサーリンク
336×280




336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280